49 views

危険予知を学習しましょう! Vol.1

事故
交通事故を防止するために、
 
「どのような状況に」「どのような危険が潜んでいて」「どのような運転を心掛けることで事故を回避する事ができるか」を普段から学習しておくことが効果的です。
 
 
 
事故の原因となりうる危険要因を予測し、的確に回避できる力を身につけましょう。
 
習慣として身に着けるための訓練を「KYT」といいます。
 
(危険(K)予知(Y)トレーニング(T))!
 
レッツ!KYK!
 
 
 
 
◆危険予知トレーニングシート
 
◆片側2車線の道路を走行
 
◆夜間、営業所へ戻るため左折
 
◆住宅街の走行
 
◆片側1車線の道路を走行
 
◆雨天時の走行
 
 
 
 
 
事故

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ドラプロの人気記事をお届けします。

Writerこの記事を書いたライター

ドラプロ事務局

ドラプロ事務局

ドラプロ事務局がバスのおもしろ情報や最新ニュースをお届けします。バス会社の人だからこそ知る情報も書いていきますよ~。

もっと見る

Recommendこちらもあなたにおすすめです

ドラプロは、バス業界の転職・求人サイトです。
当サイトで転職された方はお祝い金が貰えます!

Categoryカテゴリー

Recruit注目の求人情報

Recommend編集部がおすすめする記事

Ranking人気記事ランキング